尾野剛志さんチキ子さん一矢さんからごあいさつをいただきました

新年のご挨拶を申し上げます。旧年中は私、尾野剛志に対し、ひとかたならぬ

ご支援を賜り心より感謝申し上げます。


昨年は、1月8日の初公判、3月31日の死刑確定迄、辛い3ヶ月でした、その後、コロナウイルスのせいで活動が規制され、思うような活動が出来ませんでした。

 唯一の救いは息子(一矢)が、念願の自立生活(介護者とのアパート暮らし)が8

月11日から始まり、4ヶ月は過ぎました。息子は、水を得た魚のように、生き生きと過ごし、私達夫婦は少し肩の荷が降りた気がいたします。昨日は、介護者の大坪さんと年末の挨拶に我が家に来ました。

 重度の知的障害の息子を、26年間の長い期間、施設暮らしをさせてしまった事に胸

が張り裂けそうに苦しかったことが、今日の息子の顔を見て、心が救われました。私達家族に、ご支援ご鞭撻を頂き感謝に堪えません。


 本年2021年も、旧年に倍し、ご支援ご鞭撻を賜り、私達家族を見守り頂けたら幸い

です。


コロナが早く収束に向かい、元の穏やかな生活になり、皆様がご活躍出来ますよう、

心よりお祈り致しております。

。                        

2021年(令和3年)元旦     

尾野剛志、チキ子、一矢


49回の閲覧0件のコメント