11月28日(土) | 第4回 映画「道草」上映会&対話会

第4回 映画『道草』鑑賞&対話会  ~リアルとオンライン会場のハイブリッド~

お申し込みの受付は終了しました。
第4回 映画『道草』鑑賞&対話会  ~リアルとオンライン会場のハイブリッド~

日時・場所

2020年11月28日 13:00 – 16:00
第4回 映画「道草」上映会&対話会

イベントについて

第4回 映画『道草』鑑賞&対話会

~リアルとオンライン会場のハイブリッド~

3回開催しました。

聞いてみたいこと、話してみたいこと、話しませんか。

リアル会場とオンライン会場の同時開催です。

【第4回映画『道草』鑑賞&対話会の概要】

◼️開催日時:2020年11月28日(土)13時〜16時

◼️会場:長野県立科町サロン「まなび」

リアル側のホスト:宮尾彰さん

オンライン側のホスト:荒木隆さん・松浦隆太郎さん・田原真人さん(オンライン会場)

ゲスト:なし

だけど、尾野剛志さん尾野チキ子さんが来てくださいます

重度訪問介護のこと、聞いてみたいひとどうぞ。放課後もあります。

■前回からのつながり

前回第3回目の上映会+対話会は、ゲストにNPO法人抱樸理事長 奥田知志さんと、映画『道草』監督 宍戸大裕さんのお二方をお招きして、開催しました。

対話の終盤、奥田さんが紹介された中途障害者の娘さんを持つ80代の婦人の言葉が参加者の心を打ちました。「津久井やまゆり園事件の植松被告の『障害者は不幸しか作れない』という発言は間違っている。私は娘と生きて来て幸せだった。私は大変だったけど、幸せだったよ。決して不幸じゃなかったです」この言葉から奥田さんは、『大変と不幸は違う』ということを学んだそうです。抱樸の活動も映画『道草』に描かれた日常も、『大変だけど、おもしろい』。

このフレーズから、何だか私たちの前に新しい道行きが開けて来るような予感がしました。

今回の対話会は、前回のゲストNPO法人抱樸理事長の奥田さんの動画を皆さんと一緒に視聴して「誰一人排除されない地域社会」「誰もが暮らしやすい社会」「幸せって何だろう?」などについて学び合える時間を過ごせたら幸いです。今回もまた、映画『道草』に登場される尾野一矢さんのご両親尾野剛志さん尾野チキ子さんにもご参加いただけます。多くの皆さんのご参加をお待ちしております。

(参考)事前にお時間のあるかたはどうぞ

~【判決ウオッチング】相模原殺傷事件 植松被告控訴取り下げ NPO法人「抱樸」理事長の奥田知志さんのインタビュー(ロングバージョン)/Choose Life Project~

URL https://www.youtube.com/watch?v=KzhXPukmyhQ

◼️参加方法

(1)長野県立科町サロン「まなび」の会場

会場にて映画を見る+お話を聞く+対話会

参加費(映画鑑賞料金+対話会)  500円~ 投げ銭

・チケット申込み先:一般社団法人ぷれジョブ(090-1014-8637西)まで直接お申込みください。

・場所:長野県立科町のサロン「まなび」 長野県立科町山部815

・定員:10人 (満員)

・スケジュール

13:00-13:10 あいさつと流れの説明

13:10-14:45 上映会

14:45-14:55 休憩

14:50-15:15 感想を話す

15:15-16:00 動画視聴&リアル&オンライ会場共有

放課後タイム:オンライン会場にご参加の方とも一緒に交流します。

(2)オンライン会場

オンライン(Vimeo)で事前に映画を視聴➕対話会+お話を聞く

●オンライン映画チケット     1,300円

下記URLより別途視聴のお申し込みをお願いします。課金後24時間視聴できます。

https://vimeo.com/ondemand/michikusa2020

●オンライン対話会チケット    無料(イベント終了後、投げ銭をお願いします)

ご寄付は全額NPO抱樸、ぷれジョブへの寄付となります。

対話会参加方法:本イベントページの参加ボタンからお申込みください。

場所:オンライン会議室ZOOM

※お申し込み頂いた方に事前に対話会参加のためのURLをご案内いたします。

定員:100名

・スケジュール

13:00-13:10  あいさつと流れの説明

13:10-13:30  動画視聴

~【判決ウオッチング】相模原殺傷事件 植松被告控訴取り下げ NPO法人「抱樸」理事長の奥田知志さんのインタビュー(ロングバージョン)/Choose Life Project~

13:30-13:55  グループ共有①

14:55-14:05  休憩

14:05-14:35  全体共有

14:35-15:05  グループ共有②

15:05-15:15  休憩

15:15-16:00  動画視聴&リアル&オンライ会場共有

16:00 ~放課後タイム:リアル会場にご参加の方とも一緒に交流します

(スケジュールの詳細は当日変更になる可能性がございます。)

■キャンセルポリシー

主催者の都合による中止の場合を除き、購入済のチケットのキャンセルはいたしかねますのでご了承ください。

■映画「道草」とは

暮らしの場所を限られてきた人たちがいる。自閉症と重度の知的障害があり、自傷・他害といった行動障害がある人。世間との間に線を引かれ、囲いの内へと隔てられた。そんな世界の閉塞を、軽やかなステップが突き破る。東京の街角で、介護者付きのひとり暮らしを送る人たち。タンポポの綿毛をとばし ブランコに揺られ、季節を闊歩する。介護者とのせめぎ合いはユーモラスで、時にシリアスだ。

叫び、振り下ろされる拳に伝え難い思いがにじむ。関わることはしんどい。けど、関わらなくなることで私たちは縮む。だから人はまた、人に近づいていく。https://michikusa-movie.com/

■ぷれジョブとは

障がいのある子どもさんのジョブをとおして誰もが排除されない地域社会を創る活動です。

■一般社団法人ぷれジョブ とは

ぷれジョブ🄬の理念を次世代へ継承するため・新規立ち上げや継続支援をするためなどの目的で2019年設立されました。この対話会やセミナー・HPなどさまざまな事業を通じて、ぷれジョブ🄬のおもしろさを知っていただき、「たいへんだけ不幸じゃない!たいへんだけどおもしろい!」を隣近所でわかちあい、「違うままで混ざる」共創社会を多くのみなさまと共に創っていきたいと思います。

法人はご寄付・社員サポート会員の会費だけで運営されています。

どうぞ、多くの皆さまのご協力をお願いいたします。

https://www.purejob.net/blank-1

主催:一般社団法人ぷれジョブ

映画「道草」上映委員会

協力:トオラス

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■トオラスとは

トオラスは、「すべてのいのちを大切にする社会」の実現を目指して活動している自律分散型のオンライン組織です。中心に原理や方法を置かずに、いのちのはたらきによって組織を運営しています。そのためのヒントの多くをぷれジョブ🄬から学んできました。トオラスが得意とするオンライン対話の場創りを通して、いのちが大切にされる社会の実現に貢献したいと思います。(共同創業者 田原真人)

チケット詳細
価格
数量
合計
  • 第4回映画「道草」上映会&対話会チケット
    ¥0
    ¥0
    0
    ¥0
合計¥0