​ Q&A

(2018年10月発行の冊子「全国ぷれジョブ連絡協議会は一般社団法人ぷれジョブに変わります」から抜粋。
 法人のこのHPへよせられた質問に
お応えしています。

ぷれジョブ🄬と、キッザニアなどのおしごと体験はどこがちがうのですか?
以下工事中・今少しお待ちください。ほかのご質問があれば↓

・映画「道草」を観ました。ぷれジョブ🄬期間が終了した後、本人の知り合いが増えた近所で一人暮らしを  選べる準備をしたいと思い、問い合わせましたが、そのサービス自体が無いようです。どうしたらいいですか?

・グループホームなどでも個人の自由を保障した自立生活はできると思いますが、いかがでしょう?

・映画「道草」のような介護が途中で途切れることはないのでしょうか?

・放課後児童デイの就労準備型サービスと、ぷれジョブ🄬はどこが違いますか?

・対象の子どもは障がいの軽い子だけですか?(逆に重度の子どもだけですか?という質問もあります)

・サポート会員(年2000円・5000円)マンスリー会員(月1000円)の違いを詳しく知りたいです。

・社会の枠にはまる働き方が将来むずかしそうです。「あるがままで大事にされる隣近所の関係」ができれば18歳以降もその子に合うオーダーメイドが創り出せるのではと思いますが、具体的な事例はありますか?

・サポーターさんの募り方・受け入れ企業さんの募り方を教えてください。

・近所にチェーン店やフランチャイズ店しかありませんが、ぷれジョブ🄬はできますか。

・やってみたいのですが、ともに動いてくれる人が今現在だれもいません。どうしたらいいですか。

・HPに書かれた「新しい人と人のつながり方」に興味があります。活動ポイントを教えてください。

・ぷれジョブ🄬は保護者が安心するおとなのジョブサポーターが多いと思いますが、
 「つれジョブ」(同級生や年齢の近い近所のジョブサポーター)を推奨するのはなぜですか。